2020/07/25 (土)

雨と庭

雨の日が多い今日この頃。

湿度も高く、不快指数も高い。

洗濯もタイミングを見計らって行わなければいけない。

(晴れ間を縫って、手際よく洗濯をしてくれている奥様は素晴らしい。)

 

しかし、降雨を待ち望む者たちがいることを、新居に越してから気づいた。

 

家の周りに植わっている植栽たち。

「待ってました!」と言わんばかりに、シャンと元気になる。

 

特に、玄関までの階段途中に咲いている桔梗は一層の輝きを放つ。

 

その花言葉にある通り、玄関までのアプローチを、より一層“気品”が出るように演出してくれている。

 

もう一つ。雨の日に大喜びする人がいる笑

 

 

コレは皆様もご存知、鎖樋と呼ばれる雨樋であるが、当初は設置する予定が一切なかった。

その理由は2つ

 

・純和風の古い家にしかなく、はっきり言って「ダサい」という先入観があった。

・価格が高い

 

しかし、社長さんから「この家には絶対鎖樋が似合うのでお願いだからつけて欲しい!」

と猛プッシュされ、設置に至った。笑

 

結論から言おう。

 

鎖樋は良い。笑

理由は先ほどと同様2つ。

 

樋から流れる水に癒される。

僕自身水の中にいる事が好きだからか、生命の始まりが羊水の中だからなのか。

理由はさておき、樋を伝う水はいつまでも見ていられる。

 

見てくれが良い。

鎖樋全然ダサくなかった。

「ここに普通の雨樋を這わせるのはあまりかっこよくないです」

そうおっしゃる社長の言葉を信じて正解であった。

さすがプロ。というか、変態(褒め言葉)。

土地を買った段階で“家が見えた”っておっしゃるんだから笑

 

このブログを読んできっと社長さんがニヤリと

「ほらね、僕の言った通りでしょ!?」

なんて言ってそうである。笑

 

また、雨は空気中の汚れを除去してくれるので心なしか、光の入りかたも晴れの時よりも綺麗に感じる。

 

しかし、やはり人間にとってこの高温多湿の原因となる雨は辛く。

 

心をくすぐる“癒し”が欲しくなる。

もしインスタグラムやっていたらぜひフォローしてくださいね~(^^)
お問合せ専用ダイヤル 0742-26-7111 営業時間 10:00~17:00(定休日/水曜日)
来場予約
資料請求

アーカイブ