HOME 〉家づくり・インテリアコラム  〉家づくりスタイル  〉かっこいい家  〉かわいいのにかっこいい!平屋の設計ポイント vol.2

かわいいのにかっこいい!平屋の設計ポイント vol.2

今回は、いま人気の平屋住宅について、設計やデザインのポイントをご紹介していきたいと思います。平屋で家を建てるメリットはなにも間取りだけではありません。天井の使い方や外観のデザインなど、平屋の中にもこだわりはたくさん散りばめられます。今回は、かっこよくてかわいい平屋の設計ポイントの第2弾として、勾配天井や段差を設けたプランニングについてご紹介していきたいと思います。

勾配天井をより開放的にするために化粧梁を活用しよう

化粧梁にはレールをつければ照明に

梁にはレールをつけることをおすすめします。レールを使ってスポットライトや間接照明を設置することができますよ♪天井を照らしたり、お気に入りのアートや額を照らしたりすれば、居心地もよくなりそうですね。かわいくてかっこいい天井空間を作っていきましょう。

観葉植物とも相性がいい化粧梁

梁には、観葉植物を設置することもできますので、インテリアとしても使うことができます。視線の先にはお気に入りのグリーンがあれば、気分もきっと上がるはず。活気のあるリビングダイニングやキッチンの天井空間や化粧梁にぜひグリーンを組み合わせてみてください。

化粧梁ならデザイン性も高い

平屋を検討される方に人気なのがデザイン性に溢れた化粧梁。ナチュラルに自然素材のままの梁もいいですが、濃いめの色に塗ったりエイジングを施した梁もとってもかっこよく決まります。天井空間の中でもひときわ存在感のある”梁”は、おしゃれをアクセントとして追加するにはもってこいのパーツなんです。

ライフスタイルに合わせて和室とリビングの段差を設計しよう

和室との段差をつけることで床下収納として利用

平屋のお家をデザインする上では収納は常につきまとう問題。そんな時は、段差をぜひ活用してみてください。例えば、リビングと隣接する和室との間に段差を設けるスタイル。ちょっとした腰掛けになるのはもちろん、この段差を使って床下収納をつけることができます。少しの段差でも収納力はバカになりませんので、ぜひご検討してみていただきたいデザインポイントです。

段差もなくして安心安全なバリアフリーな空間を

段差をなくしてバリアフリーなお部屋を実現することもできます。和室とリビングが連続している空間であれば、高齢の方から小さなお子様まで安心安全に暮らせますよね。平屋の注文住宅であれば、このような段差も皆様のライフスタイルやご意向に合わせて自由に設計することができます。

和室で寝転がれば心地よい住まいに

段差をなくしたリビングと和室。空間をとても有効活用できますよね。人気なのは、和室で寝転ぶことができるようなスタイルです。リビングからすぐに休憩できる小上がりや、くつろぎのスペースがあれば、お子さんともお昼寝にもピッタリです。毎日を過ごす上でこのようなひとときはかけがえのない時間になりますよ♪

かっこよくてかわいい平屋づくりを楽しもう♪

平屋の魅力は語りつくせないものがありますが、今回はかっこよくて、さらにかわいい、そんな平屋を作っていくためのポイントをご紹介いたしました。まだまだこのシリーズは続くかもしれません、お見逃しなく!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いろは最新の話題をお届けします。