HOME 〉家づくり・インテリアコラム  〉家づくりスタイル  〉かっこいい家  〉家族みんなが大満足!もう渋滞しない、おすすめの洗面デザイン実例

家族みんなが大満足!もう渋滞しない、おすすめの洗面デザイン実例

洗面所をはじめとした水回りのプランニングって難しいですよね。なかなかよい事例に辿りつけなかったかたも多いと思います。今回ご紹介するのは、そんな洗面所の事例。その中でも、大家族にもおすすめできる、広い洗面所の事例となっています。是非参考にしていただけると幸いです!

ユーティリティーシンクを活用しよう

サブ的なシンクを設置する

ユーティリティーシンクと呼ばれるような、手洗いボウルとしても、作業用としても使えるようなシンクはいま人気の設備です。ちょっとした手洗いだけであれば、小さなボウルがあればよいでしょうし、洗面所を占領することもありませんね。このようなサブ的なシンクも是非検討していただきたいところです。

用途に合わせたシンクを

ユーティリティーシンクの中には、作業がしやすい深いデザインもありますので、汚れた物や服の手洗いするスペースとしても使えます。用途に合わせ、どのようなユーティリティーシンクがライフスタイルに合いそうか考えていくのも楽しいと思います。

広いシンクを確保しよう

あえて医療用のシンクを使ってみる

シンク自体を大きくしてしまうというのも一つのアイディアです。実験用や医療用などの広めのシンクをご自宅に設置するケースもだんだんと増えてきました。広くて深いことが特徴なので、作業用にも使えますよ。シンプルな見た目のものが多いので、どのようなテイストにも似合うというメリットもあります。

広い空間を確保するためには収納もポイント

洗面所周りの空間を効率的にするためにも、収納は大事な設計ポイントといえるでしょう。収納がうまくいっていれば、無駄なスペースを使うこともなく、洗面所での作業や身支度もとても行いやすくなります。ご家族構成ややライフスタイルをよく考慮した上で水回りの収納は考えていきたいものです。

洗面台の配置やレイアウトを工夫しよう

大人数なら2ボールがオススメ!

まずはなんといってもオススメしたいのが、2ボールの洗面台。朝の忙しい時間帯は特にお子さんの登校時間が重なり、洗面所周りは大渋滞になりやすい場所。特に年頃のお子さんは、身支度に時間もかけたい子たちも多いはず。2ボールあれば、それだけで作業スペースは2倍になりますので安心ですよね。

動線を効率よくすれば渋滞は起こりにくい!?

忘れてはならないのは、間取りのプランニングの段階から水回りの動線を考慮しておくこと。アクセスが悪ければそれだけ移動する手間もありますし、時間もロスしてしまいます。大家族の方なら、一階と二階に洗面スペースを分けておくのも、有効な手段です。

広くて気持ちのいい水回りのデザインを実践

今回は、家族の皆さんでも満足していただけるような洗面所の事例をご紹介してきました。せっかくの注文住宅ですから、皆様のライフスタイルにとことん寄り添って、こだわりの水回りを実現していきたいものですね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いろは最新の話題をお届けします。

関連おすすめコラム