HOME 〉家づくり・インテリアコラム  〉家づくりスタイル  〉ミッドセンチュリー  〉ミッドセンチュリーでレトロな住宅:デザインのポイントvol.1

ミッドセンチュリーでレトロな住宅:デザインのポイントvol.1

お家のデザインやスタイルは、好みのインテリアによって大きく変わってきますよね。インテリアのデザインスタイルで最近人気が高まっているので、ミッドセンチュリーテイストです。1940〜60年代のアメリカで生まれたと言われるスタイルで、今改めて見てもレトロでありながらモダンなデザインの数々で、若い方からも人気が高まっています。今回は、そんなミッドセンチュリーの魅力がたっぷり詰まったデザインのポイントをご紹介します。

現代にもマッチするようアレンジされた昭和時代のミッドセンチュリーデザイン

はじめに、ミッドセンチュリーについて簡単に紹介しますと、ミッドセンチュリーとは、20世紀中盤つまり1940〜1960年頃の時代にアメリカで生まれたデザインスタイルです。第二次世界大戦が終わり、アメリカの経済も成長し、そんな成長の原動力として工業製品としてのインテリアが大量に作り出された時代です。日本もこの頃昭和時代真っ最中。1964年が東京オリンピックの年ですので、それより少し前の日本経済が徐々に成長している時代ですね。

ミッドセンチュリーのスタイルは、これまでの自然素材だけで作られたインテリアとは異なり、プラスチックや成形合板なども取り入れた新たな素材との融合の中で生み出されているところが特徴です。また大胆な曲線を使ったデザインも特徴的で、そのような素材感やデザインからレトロでおしゃれなスタイルとして今にも引き継がれています。

また、現代にもマッチするようミッドセンチュリーデザインをうまく取り入れると、全体のインテリアもグッとお洒落になるはず。そんなおしゃれでレトロなミッドセンチュリーなお家のデザインポイントを紹介していきたいと思います。

ドアノブにレトロさを取り入れる

フラットドアはシンプルに

ミッドセンチュリーのデザインは、ドアにも取り入れることができます。フラットなドアは少し無機質な印象を与え、クールでカッコ良いスタイルになりますよね。そこに、シンプルなドアノブを組み合わせて見ましょう。無機質なのにどこか温かみのある、工業製品なのにどこか優しさを感じる、そんな組み合わせをイメージをしていただくと、レトロでお洒落な空間に変わっていきますよ。

金色のドアノブでレトロなおしゃれさをプラス

ドアノブ選びに回ったら金属の素材に注目してみましょう。アイアンや真鍮製のドアノブを使ったり、金色のドアノブをアクセントとして取り入れることもポイントです。金属は使っていくうちに風合いも出て来るため、レトロさを演出するにはぴったりです。ドアノブ一つのデザインを変えるだけでも、ガラッと印象が変わるので面白いですよ。

床にレトロさを取り入れる

ミッドセンチュリーにはパケットフローリングがおすすめ

続いて紹介するのは、床にパケットフローリングを取り入れレミッドセンチュリースタイルをコーディネートする方法です。パケットフローリングとは、寄木でフローリングがデザインされているスタイルの床材です。普通のフローリングは、長方形のものを組み合わせているので床の広がりを感じられるものになっていますが、パケットフローリングは細やかなデザインとそのリズムによって床を個性的に演出してくれます。

寄木のデザインもいろいろなスタイルがありますので、どんなパケットフローリングにするか選ぶこと自体も楽しいですよ。ミッドセンチュリーのレトロさと、パケットフローリングの組み合わせはバッチリ。自然の風合いを感じながら、どこか懐かしい。そんなインテリアスタイルが完成します。

ミッドセンチュリーのお気にりいのスタイルを見つけていこう

今回は、最近人気のミッドセンチュリーのスタイルを取り入れる際におすすめのデザインポイントを紹介してきました。このシリーズは、何回か続ける予定ですので、他の記事もぜひ参考にして、お気に入りのスタイルを見つけていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いろは最新の話題をお届けします。