HOME 〉家づくり・インテリアコラム  〉家づくりスタイル  〉自然素材の家  〉冬でもあたたかい♪快適な家づくりは断熱方法を知るところから

冬でもあたたかい♪快適な家づくりは断熱方法を知るところから

注文住宅を設計する際に、「断熱方法」や「断熱材」はとても大事な観点です。それは間取りよりも大事かもしれません。それは、健康にも直結するからです。冬でも快適に、そして結露が少なくカビも発生しにくい、そんな健康的なお家づくりをしていきたいですよね。もちろんコスト面についても断熱方法は多くの影響を与えます。今回の記事を通して、そんな断熱法夫雄のいろはについて知っていただければと思います。

「内断熱」と「外断熱」の違いとは?

内断熱工法とは?

まずは内断熱工法の特徴についてご紹介します。内断熱工法とは、断熱材を建物の内側に入れる施工法です。柱の間に、プラスチック素材を吹き付けたり、天然繊維の断熱材を隙間に入れていく方法が一般的です。内断熱の場合、断熱材の選択肢は豊富にあります。そのため、コストとのバランスを考えながら、自由に選択することができるのが特徴です。

外断熱工法とは?

外断熱工法とは、その字の通り、住宅の柱の外側から断熱材で包み込む施工法のことをいいます。内断熱と異なり、断熱材が柱・梁の外側にあります。そのため、柱で途切れることなく、隙間なく連続して覆うことができるのです。これによって、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。

内断熱ならではのメリット

内断熱の最大の特徴でありメリットは、そのコスト面といえるでしょう。内断熱工法のほうが一般的な施行なので、外断熱よりも工事費は安く抑えることができます。外断熱に比べて使用できる素材の種類も多いため、ご希望に合わせたコスト感で断熱の方法を選ぶことができます。比較的、施工方法も簡単なので、幅広い施工会社や業者でも対応できる断熱方法です。全体のコストやバランスを意識されたい方にはおすすめです。

いろは工務店はフォームライト吹き付け施工で断熱した住まい

フォームライトは硬質ウレタン系の断熱素材

フォームライトとはノンフロンの硬質ウレタンフォームの一種です。吹付けたときに反応を起こし、一瞬にして発泡し、隙間なく充填することができます。そのため、断熱性のみならず、気密性や防音性の面でも優れているのが特徴です。

なぜフォームライトの内断熱はあたたかいのか

住宅の壁や屋根に隙間なく吹き付けることができ、その場で発泡するので、断熱と気密施行が同時に行えるのです。このため、外断熱のように外から覆う施工法でなくても、柱と柱の隙間は埋められるので、空気の漏れや隙間風も抑えられるでしょう。

フォームライトを選ぶ理由

フォームライトはプラスチック性素材ではありますが、オゾン層を破壊するフロンを一切使用していません。環境にもやさしいですね。また、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドももちろん含みません。お子様がいる家庭でも健康面に配慮できます。機能性は優れていて、さらに健康面も安心という両方のメリットがありますね。

断熱方法を知って冬でも快適なお家づくりを

断熱を極めて身も心もほっこり。そんなお家づくりを実現したいですよね。今回は、断熱方法の違いから、いろは工務店が採用しているフォームライトを使った内断熱工法のメリットについてご紹介させていただきました。機能面も、コスト面も優しい断熱方法を一緒に考えていきましょう。そして冬でも快適な家づくり、私たちにお手伝いさせていただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いろは最新の話題をお届けします。

関連おすすめコラム